凹んでる時に読みたい話「悟られない人」


「サトラレナイ」話です。 

悟られない人がいる。 

いつも穏やかに微笑んで、その陰にある気の遠くなるような忍耐を 
誰にも悟らせない人がいる。 

悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、自分の胸に収めて、 
笑顔を絶やさず、泣き言を言わず、頑張っている人がいる。 

そんな人を見ると、後ろ姿にお辞儀をしたくなる。 
友達の見舞いで通った病院に、そんな人がいた。 

顔を合わせるといつも、花のつぼみがほころぶような 
のんびりした笑顔で会釈してくださった。話したことは結局一度もなかったけれど、 
友達から後で聞いた。
そのひと言を聞いて、たったそのひと言だけで、わかる訳でもないけれど。
 
元気に働いていたのに、ある日突然倒れたらしい。原因不明の高熱が続いて、 
ようやく熱が下がった頃には言葉も満足にしゃべれず、身体の自由もきかなくなっていた。 
少しずつ、本当に少しずつ、それは進歩しているのかどうかわからないぐらいの、 
まるで風に雲が流れてゆくぐらいの、ゆっくり、ゆっくりしたスピードで、 
もう何年もリハビリを続けているそうだ。リハビリをやめると、 
筋力が徐々に失われてゆき、やがては動けなくなってしまう。 

友達も、ほとんど言葉を交わしたことはなかったらしい。 
肺に穴が開く病気で入院した友達は、スポーツ選手を続けることを 
断念せざるを得なかった。その激しい苛立ちから、家族にも当たり 
散らしていたようだ。人のことを気にかける気持ちには、とても 
なれなかっただろう。 

ある日、いつものようにリハビリをしているその人に 
「何でそんなに頑張れるんですか?」と聞いたそうだ。 

「生きたいんです。すこしでもながく。」 

当たり前のことだなんて言うなよ。回復していく見込みだって 
ほんの数%しかないらしいんだぞ。俺、それ聞いて、 
それ以上そこにいられんかった。トイレかけこんで泣いたわ。 
めっちゃ泣いた。なんかな、俺、自分がアホみたいに 
情けなぁなってな・・・そう言いながら、泣き出した。 

悟られない人がいる。 

言葉にしないからじゃなく、誰かの、何かのせいじゃなく、 
まぎれもない自分の強い意思の力で、人に悟らせない生き方を 
選んでいる人がいる。強い。そういう人を、強い人というんだろう。 

「俺も、あんな風になれるやろか?まだ、なれるやろか?」 
泣きながら、彼はそう言った。 

悟られない人に、なりたいと思う。悲しいことも、苦しいことも、 
痛いことも、自分の胸に収めて笑顔を絶やさず、泣き言を言わず。 

もしそれでも悟ってくれる人がいたとしたら、その人はきっと、 
自分にとってかけがえのない大切な人だろう。 

「生きたいんです。すこしでもながく。」 

そう言ったあの人は、大切な人を守るために、今日も歩いているだろう。
 

この記事をツイートする