感動・号泣新聞(´;ω;`)ブワッ

泣ける話やイイ話満載!読み終えたあと、誰かにありがとうって言いたくなるブログになればいいと思います

カテゴリ:心が暖かくなる話

あまり大きくない会社に就職して1年位のとき 何かプロジェクトみたいなものの一員とされた。 自分の仕事+雑用、全然仕事を回せてなかった。 同期で飲みに行った時彼女は言ったんだ ”大丈夫、何とかなるから気楽にいきなよ” もう、7年も前の話。   ...

進学のために実家を離れて一人暮らしを始めた頃のこと。新しい生活の何もかもが上手くいかなくて、少しまいってた時期があった。頼れる人どころか友達すらまだほとんどいなくて、気晴らしといったら実家に用もなく電話することくらい。といっても、家族に向かって弱音吐くの ...

我家は母子家庭。 もちろん裕福ではないけど、つつましく暮らせば 生活に困るような事もないような家庭のつもりだったのですが。 ある日、元々指輪など装飾品にそれほど興味のなかった私が珍しく 超々安物の指輪を気に入って購入した夜。  ...

ついさっきの話 当方宮城県民。 朝からスーパー並んでたんだが、 私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ。 子供は大事そうに壊れたDS (画面の亀裂はもちろん色々飛び出してる)を持っていて、 時折ボタンを押しては反応が無いことに落胆している様子。 母親 ...

昨日犬の散歩をしていたら、比較的若い男(20代後半)が二人、作業着でマンホールを調べてた。 少し立ち止まってみていたら、前から泣きながら女子中学生が歩いてきた。 男二人がそれに気づいて、 男A「大丈夫?何かあったの?」 男B「ありゃ、泣いてる女の子か。苦手 ...

通勤で電車を利用しないけど、私用でたまに電車を利用したときは周囲に老人が立っていると、席を譲るようにしている。 一昨年の花見の帰り、すっかり寝入った三歳の息子を抱っこして電車に乗りました。 歩きつかれたのと、それまで子供を抱っこしていたのとで、電車に乗っ ...

毎日雪が降るなまり色の空を見上げながら職場と家を往復する仕事の帰り道。 人付き合いが苦手で、そんな自分を責めては泣いて、泣いては責めて落ち込んでいた日々。 ある日の帰り道、除雪がされていない、人の足だけで踏み固められた細くてボコボコの道をいつものように暗 ...

↑このページのトップヘ