感動・号泣新聞(´;ω;`)ブワッ

泣ける話やイイ話満載!読み終えたあと、誰かにありがとうって言いたくなるブログになればいいと思います

タグ:カーチャン

サキちんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。その時、サキちゃんはまだ2歳。「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビデオの1本目は、サキの3歳の誕生日に。2本目は小学校の入学式に。そして3本目は…○○○の日に見せてあげ ...

進学のために実家を離れて一人暮らしを始めた頃のこと。新しい生活の何もかもが上手くいかなくて、少しまいってた時期があった。頼れる人どころか友達すらまだほとんどいなくて、気晴らしといったら実家に用もなく電話することくらい。といっても、家族に向かって弱音吐くの ...

この間の友人(新郎の方)の結婚披露宴。 もうこの先こんな披露宴は見る事はないだろう。 タイムスケジュールも最後の方、新婦の父親のスピーチ。  ...

俺のバイクが盗まれたんだ。傷だらけだったけど、まあ、ほぼ無事ってやつだ。犯人は工房だった。もう、みたまんま不良という感じね。近所でもちょいちょい見かけていた奴でね。盗んだバイクで走り出して、スピード違反で捕まったらしい。バイク自体は警察から帰ってきたんだ ...

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。いつもくる小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく白い杖をつき 母親と一緒に週に二、三度うちの店を訪れる客だった。 ある日、その子が一人で入口の前に立っている。 入口のドアが引くタイプだったので俺 ...

私は小さいころから指を鳴らすのが癖になっていた。 いつも母親が「母さんみたいな指になるからやめなさい!」 と言って自分の手を見せる。   ...

俺の家は貧乏だった。運動会の日も、授業参観の日さえも オカンは働きに行っていた、そんな家だった。そんな俺の15歳の誕生日、オカンが嬉しそうに俺にプレゼント を渡してくれた。ミチコロンドンのトレーナーだった。 俺はありがとうと言いつつも、恥ずかしくて着られな ...

永久保存って書いたカセットがでてきたから、なんだと 思って聞いてみたら 赤ん坊の頃で訳のわからないことしゃべってる俺と、 両親の楽しそうな会話が入ってた   ...

↑このページのトップヘ