感動・号泣新聞(´;ω;`)ブワッ

泣ける話やイイ話満載!読み終えたあと、誰かにありがとうって言いたくなるブログになればいいと思います

タグ:助け合い

通勤で電車を利用しないけど、私用でたまに電車を利用したときは周囲に老人が立っていると、席を譲るようにしている。 一昨年の花見の帰り、すっかり寝入った三歳の息子を抱っこして電車に乗りました。 歩きつかれたのと、それまで子供を抱っこしていたのとで、電車に乗っ ...

毎日雪が降るなまり色の空を見上げながら職場と家を往復する仕事の帰り道。 人付き合いが苦手で、そんな自分を責めては泣いて、泣いては責めて落ち込んでいた日々。 ある日の帰り道、除雪がされていない、人の足だけで踏み固められた細くてボコボコの道をいつものように暗 ...

大学を卒業して、社会人になって、 それなりに自由に使える金が出来た頃 親友がバイクを買った。それにつられて俺も買った。 ただ親友に流されるまま買った。 購入した店も住んでる土地も違うのに 無理言って納車の日を同じ日にしてもらった。   ...

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。 その事実を知らされたときは嫁と泣いた。 何度も泣いた。 難聴と知らされた日から娘が今までとは違う生き物に見えた。 嫁は自分を責めて、俺も自分を責めて、 まわりの健康な赤ん坊を産むことができた友人を妬んだ。  ...

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。いつもくる小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく白い杖をつき 母親と一緒に週に二、三度うちの店を訪れる客だった。 ある日、その子が一人で入口の前に立っている。 入口のドアが引くタイプだったので俺 ...

学生時代、貧乏旅行をした。 帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円! もう丸一日以上何も食べていない。家に着くのは約36時間後…。 空腹をどうやり過ごすか考えつつ、駅のホームでしょんぼりしていた。  ...

もう10年も前の話。 妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、 私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。  ...

375 : 癒されたい名無しさん[sage] 投稿日:2015/12/31(木) 00:01:39.02 ID:wdq8OKqK.net [1/2回]震災の時の話。鉄道ファンの間では有名な話だが、それ以外にはあまり知られていないと思うので。 震災が起きて太平洋側ルートが寸断されてしまった時、冬の寒さが厳しい中、 ...

↑このページのトップヘ