感動・号泣新聞(´;ω;`)ブワッ

泣ける話やイイ話満載!読み終えたあと、誰かにありがとうって言いたくなるブログになればいいと思います

タグ:生活

「サトラレナイ」話です。 悟られない人がいる。 いつも穏やかに微笑んで、その陰にある気の遠くなるような忍耐を 誰にも悟らせない人がいる。 悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、自分の胸に収めて、 笑顔を絶やさず、泣き言を言わず、頑張っている人がいる。  ...

父が棺おけに入った夜。 家族だけの最後の夜。 棺おけの上にみぃは乗り、一生懸命父の顔の見える扉を開けようとしていた。 砂を掘るように一生懸命あけようとしていた。 母と私はそれをとめなかった。本当に一晩中みぃは必死だったのだ。 私達は泣いた。猫にも最後のと ...

我家は母子家庭。 もちろん裕福ではないけど、つつましく暮らせば 生活に困るような事もないような家庭のつもりだったのですが。 ある日、元々指輪など装飾品にそれほど興味のなかった私が珍しく 超々安物の指輪を気に入って購入した夜。  ...

ついさっきの話 当方宮城県民。 朝からスーパー並んでたんだが、 私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ。 子供は大事そうに壊れたDS (画面の亀裂はもちろん色々飛び出してる)を持っていて、 時折ボタンを押しては反応が無いことに落胆している様子。 母親 ...

346 :大人になった名無しさん:2006/11/04(土) 07:11:54 阪神大震災のとき、同じ学年で6人が亡くなった。 翌年、俺たちは6人の遺影を抱いて、卒業式を迎えた。 そして、卒業証書の授与。 最初に、生き残った生徒への授与があり、 続いて、亡くなった6人への授与。  ...

昭和一ケタ仕事一筋の父がガンで闘病しつつ仕事を続けてたんだけど、 悪くなるばかりでとうとうある朝出社のため玄関まで行ったんだけど歩けなくて へたり込んで泣き出してしまった。  ...

昨日犬の散歩をしていたら、比較的若い男(20代後半)が二人、作業着でマンホールを調べてた。 少し立ち止まってみていたら、前から泣きながら女子中学生が歩いてきた。 男二人がそれに気づいて、 男A「大丈夫?何かあったの?」 男B「ありゃ、泣いてる女の子か。苦手 ...

毎日雪が降るなまり色の空を見上げながら職場と家を往復する仕事の帰り道。 人付き合いが苦手で、そんな自分を責めては泣いて、泣いては責めて落ち込んでいた日々。 ある日の帰り道、除雪がされていない、人の足だけで踏み固められた細くてボコボコの道をいつものように暗 ...

↑このページのトップヘ